タイトル由来

厳しい乾期や冬季など植物の生長に不利な季節を乗り越えられる植物
数年にわたり地上に姿を見せ続け、冬を越して生存し、地上に再び芽を出す
この環境を社会に置き換え考える
社会という地上に芽を出し、社会の厳しさに負けず成長し、社会人として咲き続けられるように
こんな想いを持つ10人が集まった30年度OA実務コースである

訓練内容紹介

Wordとはワープロソフトです。就職先で使用するパソコンにはWordがインストールされていることが多いので、仕事でレベルの高い文章表現が出来るようになります。
Excelは表やグラフなどを使って資料を作成するソフトで、計算の必要のある文章を作りたいときにも使います。
また、Excelといえば関数です。Excel内で使える関数は数多くありますが、使いこなせると仕事に活かせるものばかりです。
PowerPointはプレゼンテーションソフトです。PowerPointを使うと、文字や写真、グラフなどが入ったスライドを簡単に作成でき、授業ではPowerPointの使い方を学びます。
Wordは送付状の作成、Excel、PowerPointは会議の資料作りといった就職後に役立つので、就職に有利なビジネスアプリになっています。
職リハでは主にWord、Excel共に3級の資格取得を目指します。

世の中には様々な資格がありますが、中でも簿記はメジャーな資格です。 簿記を学習し知識をつけ、資格を取得することで就職に繋がりやすくなるので簿記の技能を身につけることは非常に重要です。受験チャンスも年に3度あります。
簿記の講義を受けていると当然のことながら会社の行う給料の支払いや、税金の納付についての仕分の論点があります。
ある程度、税金の申告や社会保険の仕組みがどうなっているかを学ぶこととなります。税金や社会保険の仕組みがある程度分かってくると興味が出るようになり、自分で確定申告するようになったり、税金や社会保険料についてのコスト意識 が高まって節税してみたりと良い結果が出てきます。
このような、税金や社会保険の知識を得ながら、簿記3級の資格取得を目指します。

Illustrator、Photoshop、InDesignなどでデータを作成し、それから印刷物を作成することをDTPといいます。
Illustratorを使うと「様々な形を描く」ことができ、変形が可能です。作成したテキストは「書体や色を変える」、「影付けや3Dに変える」こともできます。
Photoshopは基本的に写真の加工や合成など、写真の中身を変えるソフトです。この二つを組み合わせて作られたのが、ハローワークなどに貼られている訓練生募集ポスターです。職リハでの講義と自分の努力でレベルの高い作品を作ることも可能です。
InDesignは書籍や小冊子などを作成する際に使用するソフトです。ページレイアウトを行い、ページの編集ができます。これら3つすべてを使い修了文集を作成します。
職リハでは、これらのソフトの使い方を学べ、デザインの分野の知識も得ることができ就職に役立てることができます。

IT技術が進歩する今では、使う側の意識やモラル、危険性などについて正しく理解することも重要になってきています。
ITパスポートを学ぶことで情報セキュリティや情報モラルに関する知識、経営戦略、財務、経営全般に関する基礎知識を身に付けることを目的とした講義です。
職リハでは講師の先生をお招きし週に一回、一日みっちりと学ぶことができます。これは、資格取得のためのだけでなく情報セキュリティや情報モラル、ネットワークに関する知識を増やすことにも繋がります。
企業などの採用でITパスポートが活用され始めていて、取得を推奨していて就職に有利な資格となっていることもあり、ITパスポートの資格取得を目指します。

一つの作業や仕事・研究・学習などを共同作業で行うことによって、メンバー間がお互いに影響し合い、グループとしても個人としても成長していく事を目的とした講義です。
1対1では話しづらいことでもグループでなら話すことが相手と話す練習になります。その中でストレス対応能力を身に付けることもでき、自分の意見を主張しながらも相手の意見を聞くうちに自身の中で新しい自分を発見することができます。
職リハでは月一回、約半年間にわたって講義を受けることができます。なので、無理せずに人間関係の築き方や自己主張の仕方などを学ぶことができます。

Webを作る際に必要なコンプライアンス・法令遵守に関する正しい知識や作る目的と要件定義について学びます。次に、Webサイトを構成する言語であるHTMLとCSSを学び自分でホームページの制作が出来るようになります。
制作するWebサイトの大まかなレイアウトを決め、基本的な構成や全体のボリュームなどを考慮しWebサイト全体のイメージを決定します。構成やイメージ、レイアウトなどは会議をしてOAコース全員で決めます。 次に、Webサイトの色合いや装飾決めです。「Illustrator」や「Photoshop」などを用いて、Webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めます。HTML、CSSを使用してコーディングを行います。HTMLは文章や画像を表示し、CSSは配置、 フォント、文字サイズ、色などを指定し表現します。ユーザーの使いやすさや見た目も意識し、事前に決めた大まかなレイアウトに沿ってロゴやアイコンなどのデザインを行います。これらは分担作業で行います。