ページ上部へ

ワーキングスキル科

訓練期間スケジュール

1年間の内容概略

  • 春・・・挨拶などビジネスマナーを集中的に学ぶ
  • 夏・・・自分たちで企画して体験旅行へ
        (平成24年度はシンガポール)
  • 秋・・・企業での体験実習で自分の力を試していく
  • 冬・・・就職活動ラストスパート
  イベント
4月 4月生入校式
5月 栄養教室・保護者懇談
6月 フォークリフト講習開始(希望者のみ)
7月 企画体験旅行
8月 夏季休暇
9月 フォークリフト試験・10月生修了式
10月 合同面接会・10月生入校式
11月 就職相談会
12月 栄養教室
1月
2月 就職相談会
3月 クッキーづくり・4月生修了式

※5~3月まで、毎月個人面談、調理実習を行う。
7・11・2月に口腔ケア

フォークリフト講習風景

フォークリフト講習

カリキュラム

ワーキングスキル科では、その人の個性や資質を十分に把握し、職業人として要求される社会生活能力を高めるとともに、高度な職業知識と技能の習得及び向上を目的として職業能力の開発を行う。近年の雇用の状況も踏まえ、清掃サービス、物流作業、組立加工など幅広い職種に対応できるような複数の職業指導プログラムを用意し、それぞれが自分に合った職種を発見し、技能向上を図っている。

<訓練時間>

1400時間以上

<基本訓練内容>

入校後、テキストを用いて基本的な挨拶や報告の仕方・身だしなみ・ルールなどを学ぶ。また週1回、外部講師を招いてのグループワークを行い、安定して就労できる力を身に付ける。就労後の自立生活のために、料理講座や口腔ケアなどを行う。様々な作業や実際の企業での体験実習を通して、自分の希望する職種を見つけ就職を目指す。

はんだ付け作業風景

はんだ付け作業風景

ピッキング作業風景

ピッキング作業風景

  • 清掃サービス(日常清掃・道具の使い方など、施設内でのベッドメーキング、施設営繕)
  • 物流作業(ピッキング・入出庫・在庫管理作業・梱包など)
  • 組立加工(機械工具を使った組立作業、基盤への電子部品の取付、研磨作業)
  • 受託作業(実際の企業から受注した納期のある作業に取り組む)
  • 体験実習(清掃・組立など実際の企業での仕事を経験する)
  • 体育(週1回、長居障がい者スポーツセンターにて)
  • 企画体験旅行(自分たちで計画をたて異文化に触れる体験をする)
  • グループワーク(自己理解・他者との協力・コミュニケーションの練習など)
  • 料理講習会(自分たちでメニューを決め管理栄養士の指導のもと調理する)
  • 栄養講座(年2回。管理栄養士により食生活や栄養について学ぶ)
  • 口腔ケア(歯科衛生士による歯磨き指導など)
  • ケアホームなどの見学と利用体験
  • パソコン(ワード・エクセルなどの基本的な操作の講習)

取得可能資格

  • フォークリフト運転技能講習
  • 日本情報処理検定(ワープロ・表計算)

TOP > ワーキング・スキル科(職業訓練について)